SIMフリー格安スマホ”ArrowsM03″のスペックと評価【驚異のコスパ】

格安スマホ_ArrowsM03

一昔前は格安SIMでセット購入できる”格安スマホ”は型落ちの低スペックで実用には程遠かったものの、最近では格安SIMの知名度と共に格安スマホとして取り扱っているAndroid機種も相当スペックが高く、料金は2~3万円台とコストパフォーマンスが非常に良いです。

今回は2016年夏に富士通から発売された格安スマホとして大人気のArrowsM03のハイスペックぶりと、取り扱っている格安SIM毎の料金を比較していきます。

ここ最近ネット上でも雑誌でもArrowsM03の評判が良いのでスペックを徹底調査しました。

ArrowsM03のデザイン面

格安スマホ_ArrowsM03のさわり心地

まずはArrowsのデザイン面ですが、上記の様にアルミ製でiPhoneのような高級感があります。
また角が丸まっているので手にフィットしてよく馴染みます。
メーカーが富士通でArrowsシリーズなので実績のある国産シリーズですからその点は安心です。

arrows-m03_使いやすさ
サイズ
幅×高さ×厚さ
72mm × 144mm × 7.8mm
重量 141g
SIMカード ドコモ:nano
au:au VoLTE対応SIM(nano)
OS Android 6.0
CPU MSM8916 1.2GHz Quad Core
内臓メモリ ROM:16GB
RAM:2GB
ディスプレイサイズ 約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
カメラ メイン:約1,310万画素
サブ:約500万画素
バッテリー容量 2,580mAh
充電時間 約150分
防水/防塵 防水:IPX5/8
防塵:IP6X
周波数帯域(バンド) LTE:Band1/3/8/19/26
3G:Band1/5/6/8/19
テザリング 対応
おサイフケータイ 対応
ワンセグ 対応
GPS 対応
Bluetooth Ver.4.1

近接センサーを利用した”ふせたらサウンドオフ機能”

ArrowsM03には近接センサーが搭載されており、画面の近くに物などがあるとセンサーが感知します。
近接センサーを使った「ふせたらサウンドオフ機能」という機能によって、スマホの画面を伏せた場合に自動で音量やバイブをオフにしてくれます。
また着信音もOFFになるため会議中などでマナーモードにし忘れても設定を変えることなく裏返せばOFFになります。

防水・防塵・耐衝撃で故障に強い

別のページでも紹介していますがArrowsM03は防水、防塵、対衝撃機能が備わっており、格安SIMに乗り換えた場合に不安になる端末の補償も、故障のリスクを最低限まで抑える事が出来ます。

参考:「【mineo格安スマホ特集】端末保証の前に防水機能付きスマホのすゝめ

IPX8という防水機能の規格に対応している為30分水中に落しても大丈夫なので、故障の原因TOPでもある水濡れ、水没、落下を防ぐことが可能です。

arrowsM03の機能一覧

Wi-Fiテザリングにも当然対応

当然Wi-Fiも利用できるため、格安SIMで大容量や無制限プランで利用してPCにテザリングで利用するという使い方もメジャーです。
使うかどうかは置いておいて最大接続台数10台まで同時にテザリングが可能です。

おサイフケータイ機能も利用可能

財布を忘れてもスマホが財布代わりに使える”おサイフケータイ機能”ですが、ArrowsM03はおサイフケータイ機能が利用できます。
現在は以下のサービスに対応しています↓

■モバイルWAON
■楽天Edy
■QUICPayモバイル
■ローソンモバイルPonta
■mobile members
■東京ドームTDモバイル2
■ticket board
■モバイルSuica
■McDonald’s Japan
■iD
■クロネコメンバーズ
■nanacoモバイル

メインカメラの画素数は驚異の1,310万画素!

arrows-m03_カメラ

画素数では分かりにくいと思うので高品質で有名なiPhoneと比較すると凄さが分かります。

機種 画素数
ArrowsM03 1,310万画素
iPhone 7 1,200万画素 (前面は700万画素)
iPhone 6 800万画素 (前面は120万画素)

iPhone7のiSightカメラ(メインカメラ)で1,200万画素、iPhone6で800万画素です。
最新のiPhone7よりもカメラの画素数が高いんですね。

マルチキャリア対応端末

個人的にはここが格安SIMで最も買われている点なのかと。
格安SIM会社の多くがドコモ回線を利用していますが、Arrowsはドコモ回線の他にau回線にも対応しています。

なので多くのドコモ回線の格安SIMに加えて、au回線のUQモバイル、mineo(Aプラン)、IIJmio(Aプラン)の人気3社でも利用可能なAndroid端末です。
また上記のau回線が利用できる3社は格安スマホとしてArrowsM03をセット販売しているので、格安スマホ乗り換えの際にスマホを入手する場合には最もオススメの1台です。

ArrowsM03の端末料金と驚異のコストパフォーマンス

格安メーカーのArrowsM03の販売希望価格(定価)は32,800円です。
セット購入できる格安SIMによっては若干端末代金が安かったり、限定カラーの端末が選択可能だったりするので以下のページで比較していますのでご参照下さい。

格安スマホでArrowsM03を購入するならmineoが最安

2017年1月までは楽天モバイルで10,000円割引を行っていたようですが、現在は分割購入の場合にはmineoが月額1,325円(24回分割)で最安となります。

mineoでArrowsM03を分割購入するのが最安

■mineoでArrowsM03を購入時の端末料金

一括:31,800円
分割:1,325円/月×24カ月
ArrowsM03 | mineo

このハイスペック端末が月額1,325円は脅威のコストパフォーマンスですよね。
mineoの場合には端末保証もありますし、そもそも防水と対衝撃機能が優れているので故障しにくい面も高評価です。

詳細はmineoの公式ページをチェック↓↓
mineo
mineoの最新キャンペーンmineoの評判
mineo申し込みの流れ

今月人気の格安SIM特集!

mineo_ロゴ

全格安SIM中総合満足度No1!

  • 4.67/5.00
使える回線
ドコモ/au
月額料金
1,980円/月~
5分かけ放題
有り
【現在のキャンペーン】~2017年8月31日
対象端末セット購入で最大10,000円分のAmazonギフト券プレゼント中!


オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_