【保護者必見】安さと安全面を両立できる子供向けスマホ選び | 2017年版

キッズスマホを安全で安く使う

今回は子供向けスマホ(キッズスマホ・ジュニアスマホ)選びについて2017年のベストな選び方を解説します。

  • 現在キッズ携帯から子供向けのスマホを検討中
  • 防犯や教育の観点から小学生や園児のうちから子供にスマホを持たせたい

という保護者の方の参考になればと思います。

おすすめキャンペーン情報
TONEモバイル半年間基本料金無料キャンペーン@10月末まで
月額1,000円の子供向け格安スマホが現在6ヵ月基本料金無料キャンペーン中!&前モデル端末が大幅値下げ中なので狙い目!
詳細はコチラ

いざ子供にスマホを持たせる際に気になるのは【料金の安さ】と【安全面】の両立でしょう。

いくらスマホ代が安くてもフィルタリング等の安全面の機能が少なければ子供は簡単にスマホ依存症になります。かといって子供のセキュリティ面が万全でも月額5000円以上だと高いですよね。

初めて子供にスマホを持たせる場合はどんな基準でスマホを選べばベストなのでしょうか。

【料金の安さ】子供用スマホの料金相場:ドコモ,au編

小学生の子供向けで人気なのが、大手キャリア(ドコモやau,ソフトバンク)の子供用スマホです。
小学校入学~低学年であればスマホではなく防犯機能がメインのキッズ携帯やドコッチで充分でしょう。(料金も月1,000円くらいで持てます)

■参考:子供の携帯(キッズ携帯)の選び方

しかし小学校中・高学年~中学生になると子供にスマホを持たせるのが一般的です。

「周りは大体キャリアの子供用スマホを持っているけど…同じでいいのかな?」

と考えている人も多いのではないでしょうか。
キッズ携帯を契約した大手キャリアでそのままジュニアスマホを探す保護者の方も多いと思います。

大手キャリアのキッズ携帯&ジュニアスマホ一覧

しかし料金シミュレートしてみると分かりますが、大手キャリアの子供向けスマホは料金が高いです。

キッズ携帯と違って、一般スマホ並みの月額4,000円~5,000円くらいは掛かります。

ドコモ,au,ソフトバンクの子供向けスマホの月額料金

以下はドコモとauの子供向けのスマートフォンの月額料金をシミュレートした結果になります。

  • ドコモの子供向けスマホ「SH-03F」の月額料金:4,940円(税込/端末代込)
  • auの子供向けスマホ「ミライエ f」の月額料金:4,713円(税込/端末代込)
auのmiraiefの料金シミュレート結果は月額4713円(新規契約)

2017年にはauがmiraieの後継機であるミライエフォルテ(miraie f)を発売しましたが、上記の割高料金+3年縛りでの契約となるので正直全くオススメできません。

格安スマホ・格安SIMは安いがフィルタリング機能が弱いので子供向けは微妙

最近では大人向けにイオンモバイルやY!モバイルなどの格安SIM・格安スマホも人気がありますよね。節約のために「格安SIMや格安スマホを子供に持たせる」という話も結構耳にします。

ワイモバイルの公式バナー

格安SIMは一般用だと格安SIMは大手キャリアよりも大幅に安く、平均月額2,000円~3,000円で使用できますが子供用のスマホの為に契約する場合は、格安SIMは基本フィルタンリングや管理・防犯系の機能が弱いです。

子供用スマホにはフィルタリング機能が法律上必須

問題はフィルタリングなどの保護者の子どもの管理(ペアレンタルコントロール)が必要な事です。
18歳以下の子どもにスマホを持たせる際には「子供に有害なサイトを表示しないフィルタリング機能」を導入する事が法律で義務付けられているからです。

Q3 保護者として、しなければならないことは?(青少年インターネット環境整備法第6条、第17条第2項)

・子どもがインターネット上の有害情報の悪影響を受けないように、フィルタリングソフトやサービスなどの活用を検討しましょう。
・18歳未満の子どものために携帯電話やPHS端末を購入、使用させる場合は、保護者はその旨を事業者に申し出ることが必要です。

青少年インターネット環境整備法 | 内閣府

「インターネット利用環境整備」は平成21年に施行されており、保護者は子供のスマホにフィルタリング機能を導入する事が必須になっています。

フィルタリングの図

子供用スマホの必須項目としてはネットフィルタリング(後述の⓵)が義務付けられています。
ドコモやau,ソフトバンクで購入した場合には義務なので「あんしんフィルター」などのフィルタリングアプリを導入してますが、ほとんどの格安SIMではフィルタリングをやってくれません。

保護者が自分でフィルタリングアプリを導入する必要があります。

子供のスマホに必須なフィルタリング機能の種類

義務付けられているのはネットフィルタリングですが、それだけではフィルタリングは不十分です。子供にスマホを持たせるなら最低限以下の機能は必要です。

⓵.子供スマホに必須の機能.ネットのフィルタリング

子供に有害なアダルトや出会い系、違法なコンテンツへのアクセスを制限します。
ネットリテラシーの低い子供に危険が及ばないように事前に表示される項目にフィルターをかけておく必要があります。
フィルタリング機能

⓶.子供スマホに必須の機能.子供の居場所の確認(GPS機能)

キッズ携帯には搭載されていますが防犯対策には必須項目です。
犯罪に巻き込まれたり帰りが遅くなって連絡が無い場合などにも居場所を確認できるので小学生~中学生のスマホには欲しい機能です。

TONEファミリーの機能

⓷.子供スマホに必須の機能.アプリ制限

制限しないと子供は無尽蔵にアプリをインストールして遊んでしまいます。
有料アプリやゲーム内の課金など、多くの家庭でトラブルになる高額料金請求の原因を予防できます。

LINEアプリアイコン LINEツムツム_アイコン

またSNSアプリは不特定多数と簡単に繋がれてしまうので危険が多く、保護者がしっかりと把握・管理するべきです。
「アプリを勝手にダウンロードできないようにする」や「ダウンロードしたアプリを起動するのを制限する」があります。

どれも子供用スマホを持たせる上で保護者の義務ともいえる項目ではないでしょうか。

フィルタリング完備の子供向け格安スマホはあるのか?

上記のような子供の防犯機能や管理機能の付いたスマホで、かつキャリアの割高料金よりも安く使えるスマホはあるか?

そう思われるかもしれませんがあります!

最近では子供向けに特化した格安SIM・格安スマホが登場して話題になっています。

上記の必須の3機能を見たし、月額料金の安さとも両立できる。
両方を満たす子供用スマホの中で最強と言えるのが「TONEモバイル」という格安スマホです。

TONEモバイルの子供向けスマホ
TONE公式サイト

「TONEモバイル」はあまり宣伝してないので聞いたことのない人も居るかもしれませんが、知る人ぞ知る口コミで人気が集まっている子供用スマホです。

TONEの子供向け防犯機能・安全性は十分か

「TONE」は一般用の格安SIMでもありますが、オプションの「TONEファミリー」を利用することで子供用のスマホに必要な上記の必須項目を付けることができます。

上記で挙げた「子供の居場所確認」「アプリ制限」「フィルタリング」の必須3項目に加えて、「スマホ自体の使用時間」まで保護者側で設定・管理できるので子供のスマホ依存症やハマりすぎを防止できます。

またポケモンGOなど対策にも歩きスマホ防止機能まで付いており、あらゆる面から子供の安全を守れるスマホです。

大は小を兼ねると言いますが、ここまで子供の安全面の機能が充実しているのはTONEだけです。

TONEモバイルが安さと安全性の両立_ポジションマップ

格安スマホとセット購入した場合は月額料金が最安クラスに!

格安SIMのメリットとして挙げられるのが、格安スマホとセット購入することで大幅に端末代を節約できる点です。

TONEの場合は格安スマホに「TONE m15」という端末があります。
この端末代と通話オプションを含めた最終的な毎月のスマホ代は月額2,242円 + 通話料 で使用可能です!

小中学生向け格安子供スマホが6ヵ月基本料金無料キャンペーン中!
前モデル端末が大幅値下げ中なので狙い目です!

【詳細はTONEの公式ページをチェック↓↓】
子供向けスマホtoneのバナー

子供向け格安スマホ『TONEモバイル』の料金内訳

TONEモバイルの最大の魅力は何といっても料金が安い事でしょう。
格安スマホなので以下のように分かりやすい内訳になっています↓

【1】端末代:29,800円 ⇒ 24回分割で月額1,242円(一括払いも可能)
TONEモバイルは持ち込みで利用する事が出来ず、豊富なフィルタリング機能が搭載された専用端末m15をセット購入します。
 
toneモバイルのm15_1
 
【2】月額基本料金:月額1,000円
TONEモバイルはドコモ回線で通信速度が中速で無制限で利用可能です。
利用量に関わらず月額料金は1,000円と非常に安いです。
 
【3】通話料
090や080の携帯電話番号での発信の場合には18円/30秒の通話料が加算されますが、通常は子供は090の携帯電話番号が必要になることはないでしょう。
家族間通話にはLINEの無料通話やIP電話を利用するなどで通話料を節約しましょう。

上記の1+2+3でトータルで月額2,242円 + 通話料(2年目以降は月額1,242円) となります。

他にも無料のアフターフォローなど様々な特典があり、はっきり言って大手キャリアの子供用スマホにするのは損です。

是非一度TONEの公式サイトを見てみることをお勧めします↓

小中学生向け格安子供スマホが6ヵ月基本料金無料キャンペーン中!
前モデル端末が大幅値下げ中なので狙い目です!

【詳細はTONEの公式ページをチェック↓↓】
子供向けスマホtoneのバナー

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ
【中~高学年向け】
キッズスマホ
ジュニアスマホ
【ドコモ】:SH-03F
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_