キッズ携帯からスマホデビュー時にLINEやYOUTUBEが使えるのはどこ?

どの家庭にもキッズ携帯を卒業して子どもがスマホデビューする時期が来ます。

キッズ・ジュニア・子ども

最近ではジュニアスマホ以外の選択肢も増えてきており、キッズ携帯からそのまま一般向けスマホへ機種変更・乗り換える家庭も多いです。

小学生がスマホでする事と言えばゲームやYOUTUBEですが、教育の観点からもこれらの機能を子どもに持たせる際にはしっかりとフィルタリングやアプリの使用制限・スマホ自体の使用制限などの管理は必須です。

18歳以下の子どもにスマホを持たせる場合には「青少年インターネット環境整備法」によってフィルタリングが義務付けられているからです。

参考:「子どものスマホにフィルタリングは法律上の義務!【総務省の規定と保護者の責任】

キッズ携帯からドコモ,auのジュニアスマホへ機種変更するとLINEやYOUTUBEは使える?

キッズ携帯からスマホに移行するパターンで多いのが同じキャリアでジュニアスマホに機種変更するケースです。

ドコモであれば「SH-03F」auであれば「miraie」などが有名ですが、
これらのジュニアスマホはGooglePlayに接続できないので、キャリアで指定のアプリしかダウンロードできません。
(auで2017年に登場したmiraie fはGooglePlayに接続可能)

LINEはキャリア指定のアプリに含まれているので
ドコモの場合はジュニア向け「dメニューより」アプリをインストール可能。
auの「miraie」の場合は月額372円の「auスマートパス」よりダウンロード可能です。

YOUTUBEに関してはアプリは無いですがブラウザから閲覧可能です。

ただしジュニアスマホの場合は月のデータ容量の上限が2GBなので
「低画質でYOUTUBEを閲覧する」「Wi-Fi環境で閲覧する」などをしないと直ぐにデータ容量が上限に達してしまう点には注意しましょう。
以下のページでYOUTUBEの画質設定を変更する事でどれだけデータ容量を節約できるかをまとめてあるので良かったら参考にしてみて下さい↓

参考:「【格安SIM制限対策】YOUTUBEのデータ通信容量節約の画質設定方法

キッズ携帯から子供向けの格安スマホへ機種変更するとLINEやYOUTUBEは使える?

一般向けの格安スマホの場合はフィルタリング機能は皆無なので、保護者側でフィルタリングアプリなどを探して導入・設定する必要があり手間です。

最近では子供に特化した格安スマホがありますが、子供向けの格安スマホの場合はLINEやYOUTUBEは使えるのでしょうか。

子供向け格安スマホでLINEは使える?

子供向けの格安スマホでメジャーなTSUTAYAのTONEモバイルの場合は、LINEは通常のスマホと同じようにGooglePlayからダウンロード可能です。

LINEを使う注意点は通常の格安スマホと同じく以下の2点です↓

子供向け格安スマホでLINEを使う注意点1:SMSオプションの加入が必要

LINEアカウント作成時にSMS認証が必要になるのでSMSオプションへの加入が必要になります。

TONEモバイルの場合は基本料金1,000円/月にはSMS機能は付いていないので月額100円のSMSオプションに加入する必要があります。

またFacebookアカウントを持っていればそちらでログインできるのでSMSオプションに加入しなくてもLINEが使用可能です。

年齢認証が出来ないのでID検索は不可能

これも通常の格安スマホと同じで、格安スマホだと年齢認証ができないのでLINEのID検索ができません。

LINEの年齢認証はキャリア契約のスマホやLINEモバイルでしかできません。

この辺はLINEを使う際にあまり問題にはならないとは思います。

子供向け格安スマホでYOUTUBEは見れる?

TSUTAYAのTONEモバイルの場合は通常のスマホ同様にYOUTUBEをアプリでもブラウザからでも閲覧可能です。

ただしTONEモバイルの場合は月のデータ容量の上限は無制限なものの、回線速度が中速(500kbps~600kbps)と動画をサクサク見るには厳しい回線速度です。

YOUTUBEを低画質設定(360p以下)にすればギリギリ見れます。

また子供向け格安スマホなのでYOUTUBEをガンガン見ることは想定していませんが、
TONEモバイルの場合はYOUTUBEなどを使用する想定で「高速チケット」というオプションを準備しています。

高速チケットはいわゆる「データ容量のチャージ」の事です。
大手キャリアでも他の格安SIM会社でも月のデータ容量を使い切って制限低速時に金額を払うとデータ追加できるシステムがあると思います。

TONEモバイルの場合は「高速チケット」で1Gあたり300円で購入することができます。
この追加のデータ通信量では1GB分使える + 高速通信が可能になるのでYOUTUBEでもサクサク再生することができます。

またチャージが1GBが300円は相場的にはかなり良心的な価格設定です。
(参考までにドコモの低速通信解除は2GBごとに2,500円です…)

参考:「Youtubeは見れる? キッズ・ジュニア向け格安スマホ【TONEモバイル】

キッズ携帯からスマホデビューでLINEやゲームYOUTUBEを使う総まとめ

キッズ携帯から子どもがスマホデビューする際にはキャリアのジュニアスマホでも子供向け格安スマホでもLINEは問題なく使えます。

YOUTUBEに関してはドコモauのジュニアスマホの場合はデータ通信容量が少なく子供向け格安スマホの場合は回線速度が中速だったりで長時間の閲覧を想定していません。

Wi-Fi環境でYOUTUBEを閲覧するか、TONEモバイルの場合は高速チケットを購入して閲覧することになります。

5月末まで10,000円割引キャンペーン中!
【TONEモバイルの公式ページをチェック】
tone_link_button2
キッズ 携帯 ■子供 スマホ
キッズスマホ・ジュニアスマホ

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り