ゲームやGooglePlayは使える? 子ども向け格安スマホ【TONEモバイル】

TONEモバイルのイメージキャラクター坂口健太郎さんを起用

大手キャリアのキッズケータイやジュニアスマホに代わる”子ども向け格安スマホ”が注目されています。
子ども向け格安スマホの大手TONEモバイルはTSUTAYAの店頭でも見かけますね。

最近では坂口健太郎さんがマザコンキャラのCMも話題になっています。
今回はそんなTONEモバイルが子ども向けのスマホとして充分な機能を持っているのかを調査しました。

前回はLINE編でしたが今回はゲーム編です。

mineo

TONEモバイルの格安スマホはGooglePlayやゲームはできるか

TONEモバイルの格安スマホの場合、通常のAndroid端末と同じくGooglePlayにアクセスできます。
なので好きなゲームを格安スマホで遊ぶことができます。

大手キャリアのジュニアスマホの場合、キャリア独自のサービスから決まったアプリしか使えないなどの問題もありました。
最新の大手キャリアのジュニアスマホではGooglePlayが使えるようになってます。

データ容量の大きいアプリに注意!

注意点としては最近のゲームはデータ容量が大きいものも多いです。
TONEモバイルのドコモ回線は「中速でデータ通信容量が無制限」というメリットはあるものの3日で300MB以上使うと制限がかかります。

アプリによってはWi-Fiなどに接続してダウンロードしないと制限に引っかかってしまう可能性がある点です。
GooglePlayではアプリのダウンロードページにアプリの容量が記載されています。どれくらいの容量なのかを確認してからダウンロードするようにしましょう。

またゲームによっては初回起動時にもゲーム内のデータをダウンロードするタイプもあります。

子どもが大好きなゲームはそもそもジュニアスマホに必要か

何度も議論になるこの議題ですが、

  • 教育者観点から見ると勉学の邪魔だから持たせないという意見
  • 子どもが仲間内の流行りに乗れるようにという意見
  • ゲームは脳を育てるという意見

など、色々な意見があります。
自分も子どもに持たせるにあたり考えましたが、正直どれが正解かは人(家庭)それぞれだと思います。

なのでキッズスマホ・ジュニアスマホに求められる機能としては「ゲームが出来る端末であり、保護者が詳細に管理・制限できるスマホである事」でしょう。

TONEの格安スマホの場合

  • アプリのダウンロードを親に申請する
  • アプリ毎の使用制限を管理できる
  • スマホ自体の使用時間を制限できる

など、大手キャリアのフィルタリングアプリ以上の機能が搭載されています。

またポケモンGOに始まる”歩きスマホ問題”も「歩きスマホ防止機能」まで搭載されているので万全です。

今話題の小中学生向け格安スマホ!
詳細はTONE公式ページをご確認下さい↓
子供向けスマホtoneのバナー

【結論】小中学生には子供向け格安スマホ”トーンモバイル”を!

子供に特化した格安スマホの「トーンモバイル」はここ2年ぐらいで定番のキッズスマホとして人気になりましたね。

うちの怪獣にも持たせていますが、子供管理機能は全スマホ中でNo1なのでルール決めで助かっています。

TONEバナー2

我が家でも色々と迷って行き着いたキッズスマホで、特に小中学生の最初のスマホとしてオススメです♪



【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ(受付終了)
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ,キッズフォン
【中~高学年】
キッズスマホ
【ドコモ】:SH-03F(受付終了)
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

Sponsored Link

mineo(マイネオ)

mineo

当サイトイチオシ!

mineo(マイネオ)は2年連続で利用者満足度がNo1の格安SIMで、格安SIM初心者にベストな格安SIMです♪

mineo公式へ

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ