ドコモのキッズケータイは本当に月額500円!? 実際の料金と注意点【保護者向け】

小学校に入学して子どもの交友関係が広がってくると
今までよりも遠くに遊びにいくようになり心配になるのが保護者というものです。

キッズ・ジュニア・子ども

小学校に入学すると幼稚園や保育園時代と環境が変わり
学校が終わったら遊びに出かけたりと保護者の目の届かない行動が増えて
心配も増えますよね。

なので小学校入学~低学年の子どもには
キッズケータイを防犯目的で持たせるのが一般的になっています。

今回はドコモのキッズケータイの料金と注意点を見ていきましょう↓

ドコモのキッズケータイは本当に月額500円で使えるのか

ドコモのキッズケータイは月額500円前後の料金表示をしています。

ドコモのキッズケータイの月額料金は500円

上記の「キッズケータイプラス」では
特にオプション料金で追加が必要になるわけでもなく、
月額500円で使えるようです。(基本料金0円)

後述のシェアグループ加入が必須ですが、
シェアオプションの費用月額500円は掛かりません。

また通話はシェアグループ内での通話なら無料です。
(グループ外との通話は20円/30秒と高額)

ただし以下の注意点があります。

ドコモのキッズケータイの申し込み条件

キッズケータイの申し込み条件は
・キッズケータイの利用者が12歳以下
・「カケホーダイ&パケあえる」のパケットパックご契約者の子回線となること

キッズケータイの機種は
・キッズケータイ HW-02C、HW-01D、HW-01G、F-03J

となっており、
親機として家族の誰かが他にソフトバンクで契約している必要があります。
なのでキッズケータイ単体での契約はできないので注意です。

「カケホーダイプラン」「データプラン」が代表回線となる
シェアグループへの参加が必要となります。

ドコモ キッズ おすすめ料金プラン | ドコモ

2年縛りと違約金はあるが、無しのプランも選択可能

またドコモなので2年縛り契約であることには注意しましょう。

2年に1度の更新月以外での解約は違約金として9,500円が請求されます。
2016年11月より登場したプラン「キッズケータイプラス」には2年縛りの契約と
縛り無しの契約の2種類が存在します↓

プラン 契約 月額料金 違約金
キッズケータイプラス 2年定期契約 500円/月 9,500円
期間無契約 1,000円/月 0円

2年縛りでは月額500円で使用可能ですが、更新月以外での解約には9,500円の違約金が掛かります。
対して契約期間の無い場合は月額料金は2倍の1,000円になりますが、いつ解約しても違約金が掛かりません。

また一般向けの2年縛りと違って2年経過後(3年目以降)はいつ解約しても違約金が掛からないというメリットもあります。

キッズケータイ購入の前に子ども向け格安スマホも検討してみて

小学校入学から子どもに持たせるのが定番となっているキッズケータイですが、
最近では小学校中学年くらいからジュニアスマホを持たせる家庭も多いです。

特に最近はキッズケータイ並みの月額1,000円の基本料金で
子供向けの格安スマホが持てるサービスが登場して人気沸騰中ですが、
小学校入学から子ども向け格安スマホを持たせる家庭も増えてきています。

我が家でも子どもに持たせていますが、
伝言やGPSも付いているので
小学校低学年向けにアプリやネットの使用を制限すれば
みまもりとしても使用可能です。

中学年になったら段階的に制限を解除していけば
ジュニアスマホを購入する必要もなくなるので2度おいしいです。

特にドコモやauソフトバンクのジュニアスマホは
月額料金が4,000円~5,000円+端末代と高いので
キッズケータイとジュニアスマホの2役こなせる為家計にも優しいのでオススメですよ。

7月末まで1年間無料キャンペーン中!
【まずはTONEの公式ページをチェック】
子供向けスマホtoneのバナー

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_