高校生にもたせるスマホはiPhoneとAndroidどっちが良い?

Android

2016年には高校生のスマホ所有率は脅威の93%!
高校に入学する前には一般向けのスマホを持たせておきたいものです。

Sponsored Link

高校生はAndroidとiPhoneどっちが人気なの?

2018年4月に入学する高校1年生を対象とした調査によると、94.4%がスマホを所有しているとの事で、スマホは高校生の必須アイテムとなっています。

しかし、そのスマホはAndroidとiPhoneどっちが多いのでしょうか。

高校生のiPhoneの所有率が62%!高校生に人気の機種

iPhone10は超かっこいいけど歴代最も高額な端末代金に

次に高校生が所有しているスマホの機種の2018年統計結果です↓

高校生スマホ機種 iPhone Android
2018年 62.4% 37.6%
2016年 77.2% 21.6%

2018年の高校生のiPhone所有率は62.4%とかなり高いのが分かります。

高校生は世代別で見てもiPhone所有率TOP!特に女子は必須級!

全年代でも高校生がiPhone所有率が最も高く、高校生にとってiPhoneを持っているのは一種のステータスでもあるのでしょう。

特に男子よりも女子の方がiPhone所有率が高い傾向にあります。

高校生女子は7割がiPhone!男子は半々

2017年末の統計データになりますが、高校生のスマホ機種の所有率を男女別に分けると圧倒的に高校生女子のiPhone所有率が高いのが分かりますね↓

機種所有率(男女) iPhone所有 Android所有
男子高校生 45.6% 51.3%
女子高校生 69.0% 29.2%

参考:女子高生の69.0%が「iPhone」 | MMD研究所

女子の場合約7割がiPhoneという結果なので、高校生女子であればiPhoneを持たせてあげたいところです。

iPhoneはキャリアで機種変更したら高額なので注意

ドコモauソフトバンクなどの大手キャリアでは、新規契約でも機種変更でもiPhoneを契約するとどうしても高額になります。

多くの家庭で大手キャリアで高校生の子どものiPhoneを契約していますが、月額料金はiPhone7で最安値でも7000円以上はかかります。

iPhone732GBのドコモ月額料金iPhoneSEをドコモ契約した時の月額料金

自分が毎回書いているように、iPhoneは2017年現在では格安スマホでも使える時代です。
iPhone6s以上のハイスペックiPhoneSEも格安スマホとして登場した現在では、わざわざ毎月5,000円以上も支払ってiPhoneを使う時代ではないです。

CMでも有名な”ワイモバイル”や”UQモバイル”ではiPhoneSEなら乗り換えで月額3,000円ちょっとで使えますし、旧モデルのiPhone5sの場合には実質0円です。

知ってるのと知らないのでここまで節約に差が出るものも少ないと思います。

高校生や中学生の子どもにiPhoneを持たせるか検討しているならば、UQモバイルでもワイモバイルでも大丈夫ですが、大手キャリアはオススメできまません。

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ(受付終了)
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ,キッズフォン
【中~高学年】
キッズスマホ
【ドコモ】:SH-03F(受付終了)
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ