【ドコモ,au,ソフトバンク】中学生が本人名義でスマホや携帯の契約は可能?

子どもが中学生以上になると、今までは保護者側で契約していた携帯料金の名義を変更したり、子どもの名義で契約する必要があるかもしれません。

スマホ_イメージ画像

ドコモ,au,ソフトバンクで中学生は本人名義で契約できるか?

小中学生の場合保護者の名義で契約している場合は多いですが、中学生以上であれば以下の条件で本人名義で契約可能です。
(小学生以下の場合は本人名義には出来ず、保護者名義での契約必須です)

【ドコモの場合】
・契約者の名前、生年月日、現住所(現所在地)が確認できる本人確認書類
・キャッシュカード(一部の店舗・金融機関は利用できない場合有り)

キャッシュカードが無い場合は預金通帳+お届け印でも可能なようです。

■ほとんどのケースで名義は中学生でも支払いは保護者になると思います。
中学生の子どもにキャッシュカードなどが準備できない場合には、同伴して保護者のキャッシュカードなどで登録する必要が出てきます。

未成年のご契約で、契約者ご本人名義の「キャッシュカード」などをご用意できない場合は、親権者同伴の上、親権者名義の「キャッシュカード」などをご用意ください。

新規契約 | docomo

■また必ず保護者の同意が必要になります。
保護者宛てに送られてきた「同意書」に名義や住所などを記載して送り返します。
同意書 | docomo

未成年者の新規ご契約の場合、同意いただいた親権者の方に親展にて「ご契約同意確認のお願い」(携帯電話番号・契約者のご名義・住所などを記載します)をお送りします。また、親権者の方へ確認のご連絡をする場合があります。

まとめると中学生以上の未成年であれば本人名義で契約可能ですが、保護者の同意が必要になります。

キッズ 携帯 ■子供 スマホ
キッズスマホ・ジュニアスマホ

2017年満足度No1の格安SIM『マイネオ』


CMでも放送中の格安SIMの最大手"mineo(マイネオ)"は全600以上の格安SIMの中で
2017年総合満足度No1を獲得!

mineo

数少ないau回線とドコモ回線を併せ持ち、初心者向けのプランやサポートが充実していて
当サイトでも自信をもってオススメできる人気No1格安スマホです。

↓当サイト一押しおトクなmineoの申し込み先はこちら↓

mineo

またmineoの評判や他の格安SIMとの徹底比較もしています↓
mineoの評判