キッズ携帯の2年契約を解約 違約金と更新月確認方法【ドコモ,au,SoftBank】

子どもが小学校入学や1,2年生時には
保護者の目の届かないところへ出かけて遊ぶ機会も増えるので
防犯目的でキッズ携帯を契約して持たせている家庭も多いと思います。

2年縛りの更新月&端末残ローン確認方法

しかし大きくなってくると
「LINEが使いたい」など自分でスマホを持ちたがります。
今回はそんな時のキッズ携帯から安くスマホデビューするお話です。

大手キャリアのドコモ,au,ソフトバンクでは2年契約(通称”2年縛り”)が一般的ですが、
3キャリアともキッズ携帯でも2年縛りが存在します。

これは契約開始から2年の間に解約した場合には
違約金として9,500円が掛かってしまうという縛りです。

違約金も2年契約もキッズ携帯だろうとiPhone7だろうと一律で9,500円掛かるので
最低でも2年は使い続ける必要があります。

同じキャリア内での機種変更の場合は解約ではない為違約金はかかりませんが、
その分機種変更先の端末代や割高な基本料金が掛かります。

2年縛りのない契約方法もあるが割高

3社とも2年契約ではないいつ解約しても違約金が掛からない料金プランも存在します。

以下はソフトバンクのキッズ携帯「みまもりケータイ」のプラン比較

table class=”data-table”>

プラン 契約期間 月額料金 通話定額ライト
基本料 無し
いつでも無料解約可 1,990円/月 2年契約 490円/月

と2年契約をしない場合は倍以上の料金が掛かるため、
不自由な2択を迫られていると言えます。

キッズ携帯からジュニアスマホに機種変更時の注意点

特にキッズ携帯からジュニアスマホに機種変更する場合は
ジュニアスマホは一般スマホと同じ料金体系なので割高になります。

ジュニアスマホの端末自体はスペックが低いので高くはないものの
基本料金が高いので学割適応時でも4,000円~5,000円にはなってしまいます。

同じキャリアの一般向けのスマホに機種変更するケースも多いですが
端末代もかかるので子どもである料金メリットは無く、
子ども向けのフィルタリング機能や防犯機能も期待できません。

キッズ携帯解約で格安スマホを新規契約は?

キッズ携帯を解約して他社の格安スマホなどに新規契約するのが
最も月額料金を抑えられるのでオススメです。

問題はキッズ携帯の2年契約の更新月があるので解約タイミングが難しい事ですが、
キッズ携帯は更新月まで待ってから解約し、
キッズ携帯とは関係なく新規で格安スマホで契約するという手も有ります。

子どもの場合は電話番号を引き継ぐメリットもほとんどないでしょうし。

キッズ携帯を違約金無しで解約できる更新月の確認方法

という事でしっかりとキッズ携帯の2年契約の更新月を確認し
違約金9,500円の掛からないタイミングで解約しましょう。

3キャリアの更新月のウェブからの確認方法は以下です↓

【ドコモの更新月確認方法】

「My docomo」にログイン後、「ドコモオンライン手続き」の「ご契約内容確認・変更」を開き、
次ページの「ご契約プラン」の欄で契約更新月を確認可能

【auの更新月確認方法】

「auお客様サポート」にログイン後、「契約照会手続き」タブから「契約内容確認・変更」より次回更新年月を確認可能

【ソフトバンクの更新月確認方法】

「My Softbank」にログイン後「契約確認」の更新期間から確認可能

分からなければキャリアショップや電話サポートもあるので各自確認下さい。

子どものキッズ携帯から安くスマホに切り替える方法まとめ

現在子どものキッズ携帯からスマホに変える場合には

方法1.同じキャリアのジュニアスマホへ機種変更する

現在キッズ携帯を契約しているキャリアでそのままジュニアスマホへ機種変更するパターン
【メリット】:更新月と違約金を気にしなくていい
【デメリット】:基本料金が割高

方法2.同じキャリアの一般スマホへ機種変更する

現在キッズ携帯を契約しているキャリアでそのまま一般スマホへ機種変更するパターン
【メリット】:更新月と違約金を気にしなくていい ジュニアスマホと違って長く使い続けられる
【デメリット】:基本料金が割高 端末代もかかる

方法3.キッズ携帯を解約して格安スマホを新規契約

キッズ携帯を更新月まで待ってから解約し、同時に格安スマホを新規契約するパターン
【メリット】:とにかく安く済む
【デメリット】:更新月を調べて解約するタイミングまで待つ必要あり

方法4.キッズ携帯を解約せず、格安スマホを新規契約

格安スマホを新規契約しますがキッズ携帯を更新月まで契約を続けるパターン
【メリット】:安く済む 更新月まで待たなくて良い
【デメリット】:方法3よりキッズ携帯の維持費がかかる 更新月に解約するのを忘れないように

また格安スマホと新規契約の場合は
保護者が各自でフィルタリングアプリなどを格安スマホへ導入する事になり若干手間がかかります。

最近ではフィルタリング完備の格安スマホというものも登場しています。
正直言って大手キャリアのジュニアスマホより機能が充実しているので
格安スマホに新規契約する『方法3』『方法4』の場合は一考の価値ありです↓

tone_link_button2
TONE公式サイト

参考:「【保護者必見】安さと安全性を両立! 子供向けキッズスマホ&ジュニアスマホ選び!

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り