ドコモのジュニアスマホ選び2018年版キッズ携帯からの機種変更はどれ?

ドコモのジュニアスマホSH-05E

子どもが小学校中高学年~中学校入学くらいになると、キッズ携帯からスマホデビューのタイミングです。

特に学年が低いほどスマホ依存症やトラブルになるリスクが高いため、フィルタリングは勿論の事しっかりと機能制限のできるスマホを持たせたいですよね。

今回はドコモのジュニアスマホについて解説していきます。

ドコモのジュニアスマホは2018年現在販売終了!

ドコモのジュニアスマホと呼ばれる子供向けの制限機能のついたスマホが販売されていましたが、2018年現在は新規受付を終了しています。

ドコモのジュニアスマホ機種 新規申込 発売日
SH-03F
(シャープ)
終了 2014年2月
SH-05E
(シャープ)
終了 2013年2月

SH-03Fのドコモ公式ページ
SH-05Eのドコモ公式ページ

ドコモのジュニアスマホの最新機種の「スマートフォン for ジュニア2 SH-03」でも2018年時点で生産終了&新規受付を終了しているので契約できず、現在利用中でも修理受付も終了しています。

生産終了(発売日:2014年2月1日)
修理受付終了

ドコモのオンラインショップでもラインナップから消えており、現在はドコモでジュニアスマホを新規契約する事は出来ません。

詳しくは以下のページに記載しているのでご参照下さい。

ドコモのキッズスマホ『SH-03F』 は生産終了!小中学生向け機種は?

2017.04.12

小中学生の保護者向け情報

「全国子ども会連合会」推奨の子供向け格安スマホが保護者に人気沸騰中!現在「特別キャンペーン」+「学割」で基本料が半年無料でかなり狙い目♪
フィルタリング完備で安心の子供向け格安スマホが凄い!

格安キッズスマホは以下のページでも詳しく解説しています↓

子供にジュニアスマホ/キッズスマホならどこ? ドコモ,au,ソフトバンク比較

2018.04.06

ドコモで過去に発売されたキッズ携帯とジュニアスマホ一覧

ドコモで過去に発売されたキッズ・ジュニア向けの携帯端末の一覧が以下になります↓

キッズケータイの機種 発売日 メーカー
SA800i 2006年3月発売 三洋電機
F801i 2007年12月発売 富士通
F-05A 2009年2月発売 富士通
HW-02C 2011年9月発売 Huawei
HW-01D 2012年9月発売 Huawei
F-03J 2017年3月発売 富士通
ジュニアスマホの機種 発売日 メーカー
SH-05E 2013年2月発売 シャープ
SH-03F 2014年2月発売 シャープ

ジュニアスマホに関しては2014年以降は新機種の発売はなく、現在はキッズ携帯から一般向けスマホ+フィルタリングへの機種変更しか選択肢がありません。

ドコモのスマートフォンfor ジュニア2 SH-03Fの月額料金

ここからはドコモの『スマートフォンfor ジュニア2 SH-03F』が契約可能だった頃の情報です。

ドコモのSH-03Fは2014年2月に発売され、マイナーチェンジを繰り返しています。

ドコモのSH-03Fはスマホではありますが、見た目のデザイン的にも中学生に持たせるのは厳しく、小学校の間しか使えません。

またジュニアスマホなのでキッズケータイと違って通常のスマホ契約と同じ料金体系になります↓

  • カケホーダイライトプラン:2,700円/月(5分まで通話し放題)
  • データSパック(2GB):3,500円/月
  • spモード:300円/月
  • 端末代金:680円/月(2年分割時&端末割適応)
  • U25応援割:+1GB/月
  • ドコモの学割:-1,000円/月

となり合計6,180円/月も掛かってしまいます。

料金面だけで見ると、制限機能が付いたスマホでもiPhoneでも料金はほとんど変わらないので微妙ですね。

ドコモのジュニアスマホを選ぶ最大のメリットは家族でのデータシェアを利用できる場合くらいでしょうか。

ドコモのスマートフォンfor ジュニア2 SH-03Fの機能面

『スマートフォンfor ジュニア2 SH-03F』の性能面をまとめると以下です↓

GooglePlay非対応なのでdメニューにあるアプリしか使えない

GooglePlayに接続できない設定になっているのでゲームやアプリをGooglePlayからダウンロードできません。

LINEなどの一部のアプリ・ゲームのみ「dメニュー」よりダウンロード可能となっています。

昔の機種でもあるので若干の時代遅れ感は否めません。

ドコモのジュニアスマホ f VS ジュニア向け格安SIM+格安スマホ

スマートフォンfor ジュニア2がで小学生向けの機種ですが、データシェアを使わない場合には小学生で月6,000円以上だとかなり高いかなと思います。

また小学校高学年までしか使えないため、中学入学時に別のスマホに買い替える必要があり、正直端末代がもったいないです。

だったら最初から中学・高校まで使える子ども向けスマホを持たせた方がいいですよね。

最近では格安SIMにもキッズ・ジュニア向けスマホが登場して価格破壊が進んでおり、月額3000円あれば格安SIMで格安スマホ端末が充分持てる金額です。

TONEモバイルの子供向けスマホ
TONE公式サイト

 

子ども向けスマホとして有名な「TONEモバイル」の格安スマホセットでも購入すれば、最低でも中学校~高校まで運用できるので、トータルの金額で大分差が出ます。

子供にジュニアスマホ/キッズスマホならどこ? ドコモ,au,ソフトバンク比較

2018.04.06

【結論】小中学生には子供向け格安スマホ”トーンモバイル”を!

子供に特化した格安スマホの「トーンモバイル」はここ2年ぐらいで定番のキッズスマホとして人気になりましたね。

うちの怪獣にも持たせていますが、子供管理機能は全スマホ中でNo1なのでルール決めで助かっています。
 

TONEバナー2

我が家でも色々と迷って行き着いたキッズスマホで、特に小中学生の最初のスマホとしてオススメです♪


Sponsored Link




【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ(受付終了)
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ,キッズフォン
【中~高学年】
キッズスマホ
【ドコモ】:SH-03F(受付終了)
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです