子ども用スマホのフィルタリングサービス『i-フィルター』のメリット&デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!あんしんねっとが段階的にサービス終了に向かっていることもあり、子どものいる家庭では子どものスマホの管理の手段が変わりつつあります。

人気のフィルタリングサービス「Yahoo!あんしんねっと」の終了

2017年頭の時点ではYahoo!あんしんねっとのAndroid端末用のサービスは終了しており、
あんしんねっと公式でも「役目を終えた」との事で、段階的にサービス停止に向かっています。

yahoo!あんしんねっとは子どものスマホに導入することで
子供に悪影響のあるアダルトや出会い系、暴力や犯罪に巻き込まれるような違法なコンテンツをブロックしてくれます。

2006年から10年以上も支持されていたフィルタリングサービスが終了に向かっている今
代わりのフィルタリングサービスは何がいいのでしょうか。

PTA協議会推奨のi-フィルタが高性能で使いやすい

自分はデジタルアーツというネットセキュリティ会社の開発した「i-フィルター」というアプリを推しています。

現在フィルタリング系サービスは数がありますが、中でもi-フィルターは日本PTA全国協議会でも推薦され
数多くの学校でも導入されている実績の高いフィルタリングサービスです。

i-フィルター公式サイト(Digital Arts)

i-フィルターのメリット

i-フィルターの性能は以下のように多岐に渡るため、
子どものスマホのペアレンタルコントロール対策でオールインワンと言えます。

i-フィルターの機能一覧
◆WEBページのフィルタリング
◆アプリのフィルタリング
◆インターネット利用時間の確認
◆インターネット利用可能時間の設定
◆検索単語の確認
◆通話履歴の確認
◆位置情報の確認
◆端末利用可能時間の設定

子どものネット依存症への対策になる

ネット依存症というと重いイメージですが、常時ネットやゲームばかりやっている状態の事です。
子どもに初めてスマホを持たせれば、子どもはこの状態になりやすいので管理・場合によっては制限を掛けて防止します。

i-フィルターではWebページやアプリのフィルタリングはもちろんの事
インターネットが利用できる時間帯を設定できるので
子どもが陥りがちなネット依存所になるリスクも回避できます。

またスマホを利用できる時間まで設定できるので
塾や試験前、夜中までスマホをいじっていたりするのを防止できます。

保護者が四六時中見ているのも難しいと思いますので
自動で設定できるのはかなり魅力的な機能です。

防犯対策にもベストな機能

位置情報や通話履歴も確認できるため、
子どもが事件や事故に巻き込まれた非常時の対策にもなります。

検索単語の確認で、犯罪性のある単語を調べていないかなどのチェックをすることもできます。

i-フィルターのデメリット

ズバリ料金です!
Yahoo!あんしんねっとと違い「i-フィルター」は無料のサービスではないです。

調べたところ「子ども1人のスマホに3年間導入」したときに9,400円の費用が掛かります。
これだけの機能なので3年で1万円弱なら
費用対効果としては十分だと思いますが。

特に子供に格安SIMでスマホを持たせている家庭では、
キャリアのペアレンタルコントロール系サービスは
利用するのにキャリア加入が条件で使えなかったりするので
その心配もない点は評価できます。

i-フィルターの総合評価

Yahoo!あんしんねっとと比べても有料なだけあってパーフェクトな機能を持っています。
日本PTA全国協議会が推奨していることもあり、
使っている家庭も多く実績もあるので安心して導入できます。
使用料金も良心的なので一押しのサービスです。

人によっては過保護なのではないか・監視しすぎではないかと思われるかもしれませんが
何よりも子供の安全を守ることが先決です。

保護者は何かあったときのためにi-フィルターに限らず、
何かしらのペアレンタルコントロール・防犯対策をすることは義務と言っていいのではないでしょうか。

2017年3月の人気格安SIM・格安スマホ


テレビCMなどでもやっている「UQモバイル」は 回線速度・キャリアメールなどあらゆる面で優秀です。 格安SIM・スマホ初心者に最もオススメ↓


話題のUQモバイル徹底比較

自分にぴったりの格安SIMを探す UQモバイル 子ども向けスマホ

最後まで読んで頂き有難うございます!
僕の情報が役に立ったらSNSフォロー頂けると泣いて喜びますm(__)m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ

SNSでもご購読できます。