格安SIMのフィルタリングで制限管理は可能?【キッズジュニアお勧めスマホ】

2016年から2017年にかけて格安SIM・格安スマホの知名度がうなぎ登りに上がっています。

今までのコモauソフトバンクなどの大手キャリアから、
mineoや楽天モバイル、LINEモバイルなど名立たる大企業が格安SIM事業に参戦し
テレビCMやネット広告もよく見ます。

UQモバイルの有名広告の例

それに比例して格安SIMユーザーもグングン増えていますが、
実は一番格安SIM・格安スマホの安さの恩恵が大きいのは「子ども向けのスマホ」だってご存知ですか?

子どものスマホ環境は格安SIMのデメリットを受けにくい

格安SIM・格安スマホの魅力は何といっても”低価格”ですが、
安い反面、090や080の通常通話が使い放題ではなかったり、多少回線速度が遅かったり、
キャリアメールが使えなかったりと多少のデメリットもモチロンあります。

格安SIMのデメリット
・090や080の通常通話は通話した分だけ料金が掛かる(かけ放題が無い格安SIMが多い)
・キャリアメールが使えない
・ネットの回線速度が大手キャリアよりも多少遅い(大手キャリアの回線を借りて使っているため)

天秤

大手キャリアと比較して半額や3分の1の低価格で使えることの恩恵に比べれば
多くの人にとって取るに足りないデメリットだと自分は思っていますが、
子どもにとってはあまりデメリットになりません。

なぜなら子どもは
・通話はLINE通話で済みますし、
・キャリアメールが必要になるケースも少ないからです。
ネット回線が数秒遅いくらいの問題ならば、スマホ代が半額以下になるなら我慢してもらいましょう。

子どもの生活環境で、信用のためにそれらが必要になることはまずありませんからね。

格安SIMのデメリットよりも低価格を取る家庭が増えているのも頷けます。

問題はフィルタリング付きの格安SIMがまだまだ少ない事

大手キャリアだとショップの店員さんがフィルタリング設定などをやってくれたりしますが、
格安SIMはフィルタリングなど子どものスマホの管理・制限(ペアレンタルコントロール)機能が付いているところは少ないです。

自分(保護者)が子どものスマホに設定する必要があるので面倒ですね。

その場合はスマホにフィルタリング機能のあるアプリやサービスを導入するのが一般的です。
有名どころだと大手キャリアが採用しているような以下のアプリです↓

・Yahooあんしんねっと
・スマモリ
・Filii

子どものスマホにストアからインストール導入し、
フィルタリング等を設定後に保護者だけが知るパスワードを設定してロックします。

低価格とフィルタリングを両立した格安SIM一覧

以下の格安SIM・格安スマホには独自のフィルタリング機能が標準搭載 or オプションで設定できるので
格安SIM最大のメリット「低価格」と
フィルタリング等の「子どもの安全・管理」を両立できます。

特に自分の一押しのTSUTAYAの「TONEモバイル」は、
現状では子ども向けスマホでは群を抜いて高性能です。

TONEのペアレンタルコントロール機能一覧

月1,000円から使えてフィルタリング機能は大手キャリアよりも種類が多く
現状では1強と言えます。

【安さ】と【安全性】を両立! 子ども用キッズスマホ&ジュニアスマホ最強はこれ!【完全版】」でキッズ・ジュニア向けスマホを詳しく評価していますので
興味があればご参照下さい。

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ
【中~高学年向け】
キッズスマホ
ジュニアスマホ
【ドコモ】:SH-03F
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_