auのキッズ携帯からスマホに乗り換える全パターン【注意点とお勧め完全版】

auで現在キッズ携帯「マモリーノ」やスマートウォッチ型の「マモリーノウォッチ」を使っており
スマホに乗り換えを検討している人向けの内容になります。

子どもとスマホイメージ

auでキッズ携帯マモリーノやマモリーノウォッチを現在使っていて
子どものスマホデビューを考えている場合、以下の3パターンの方法があります↓

  • パターン1.キッズ携帯からauのジュニアスマホに機種変更する
  • パターン2.キッズ携帯からauの一般スマホに機種変更する
  • パターン3.キッズ携帯から格安スマホに乗り換える

それぞれ見ていきましょう。

【パターン1】キッズ携帯からauのジュニアスマホに機種変更する

現在auのキッズ携帯を使っているなら、
auのジュニアスマホに乗り換えるようアップグレードプログラムなどで誘導されていると思います。

キッズ携帯であれば2年契約で月額1,000円前後で使用可能ですが、
ジュニアスマホとなると一般スマホと同じ料金プランになります。

auのジュニアスマホ「miraie f」へ機種変更すると月額4,000円前後となり
正直小学生向けの端末としては安くはないです。

auのジュニアスマホmiraie f

中学校に進学してスマホを新たに購入することも考えると
長い目で見ても結構な出費になってしまいます。

【パターン2】キッズ携帯からauの一般スマホに機種変更する

キッズ携帯からauの一般向けのスマホに機種変更するケースも最近では結構耳にします。

特に最近では小学生でもiPhoneを持たせる家庭も増えてきており
auでキッズ携帯から機種変更でiPhoneを購入するケースも…

しかし当然キャリアの一般のスマホ契約になるので
月額料金は小学生でも7,000円~8,000円となってしまいます。

最近ではキャリアの学割は有って無いような割引率なので
最も節約と遠い選択肢と言えます。

ただし、スマホの端末を中学~高校と使っていけるので端末代は1回の購入で済む点はメリットです。

【パターン3】キッズ携帯から格安スマホに乗り換える

3パターンの中でこれが最も安くなるパターンです。

キッズ携帯を解約し、新規で格安スマホで契約すれば月額2,000円以下も十分可能です。

キッズ携帯を解約するには2年縛りや端末代の36ヵ月分割などの縛りが多いため
先に格安スマホで新規契約し、更新月まで待ってからキッズ携帯を解約するという方法も有効です。

こちらも端末を格安スマホで一度購入してしまえば中学~高校とずっと使い続けられる為
コストパフォーマンスは最も高いです。

上記3パターンの中で最もオススメできる方法です。

キッズ携帯から格安スマホへ乗り換えるパターンの唯一のデメリットが「フィルタリング」になります。

キッズ携帯から格安スマホに乗り換える際の注意点

格安スマホ唯一の欠点は、格安スマホを使う際にはフィルタリングを
保護者側で導入して設定する必要があります。

なぜなら「青少年インターネット環境整備法」によって
18歳以下の子どもにスマホを持たせる際にはフィルタリングをするのが義務になっているからです。

なのでキッズ携帯から格安スマホへ乗り換える際は
TONEモバイルのようなフィルタリング機能のある格安スマホを選択する必要があります。

tone_link_button2
TONE公式サイト

一般向けの格安スマホを契約すると保護者側でフィルタリングアプリを探して
子どものスマホに導入・設定して管理する必要があり手間です。

大手キャリアであれば指定のフィルタリングアプリがありますが、
格安スマホへ乗り換える場合は、安い分しっかりとフィルタリングの有無を保護者側で見極める必要がある点に注意しましょう。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り