auの人気キッズ携帯『マモリーノ3』月額料金や本体価格は実際高い?

mamorino3(マモリーノ3)

小学校低学年向けのキッズ携帯は大手キャリア各社でサービス展開していますが、主に「キッズ携帯」と「キッズ向けスマートウォッチ」の2種類があります。

今回はauの人気キッズ携帯”マモリーノ3″の料金は実際にいくらになるのかを見ていきましょう。

おすすめキャンペーン情報

7末までTONEモバイルの1年間無料キャンペーン_バナー

月額1,000円の子供向け格安スマホが7末まで1年間無料キャンペーン中!
詳細はコチラ

auのキッズケータイマモリーノ
マモリーノ3は2013年3月にauで発売されたキッズ携帯です(メーカー:京セラ)

auのマモリーノ3の料金は「端末代金」と「月額基本使用料」の合計なのでそれぞれ見ていきましょう↓

マモリーノ3の端末代金は?

まずはマモリーノ3の本体代金から見ていきます。
auのキッズケータイマモリーノ

マモリーノ3の本体端末代金は18,360円とそこそこの価格です。

端末代は一括の他に36回分割払いも選択でき、その場合は月額420円になりますが端末割月額-420円が適応されて実質無料になります。

上記は新規契約の場合ですが、機種変更の場合は端末割が無く基本料金に加えて毎月の端末代が510円加わります。
ちなみに中古の白ロムで購入すると三千円くらいで入手できますが、持ち込みになるので基本料金が高くなるので注意です。

マモリーノ3の基本料金は?

続いてマモリーノ3の基本料金を見ていきます。

auのキッズ携帯「マモリーノ3」には2つの契約方法があり、

  1. いつでも違約金無しで解約可能だけど月額1486円の「プランEシンプル」
  2. 2年縛りだけど月額743円で使える「プランEシンプル+誰でも割」

の2種類の契約方法から選択可能です。

要は「いつでも解約できて月額1,486円」か「最低利用期間2年で半額」かの2択となります。
auお得意の2年縛りで契約してくれるなら半額で使えるってパターンですね。

また2年縛りの契約時に途中解約すると、9,500円の違約金が発生するので注意しましょう。

2年単位で自動更新となります。途中解約などの場合、契約解除料 (9,500円) がかかります (更新期間を除く)。

ジュニアケータイ(mamorino)の料金 | au

それぞれのパターンで契約したときの月額料金は以下です↓

1.プランEシンプルで契約した場合の月額料金

上記の1つ目のいつでも違約金無しで解約可能だけど月額1486円の「プランEシンプル」で契約した場合の月額料金は以下です↓

プランEシンプル
(基本使用料)
月額1486円
【オプション】
EZ WIN
ネット接続サービス
月額300円
【オプション】
安心ナビ
GPS確認機能
月額300円
スマートパス加入時は無料

オプションは付けないと使い物にならないので半強制ですね。
「プランEシンプル」で契約した場合の月額料金2,086円となります。

キッズ携帯で2千円台は正直高いですが、契約期間が決まっていないのでタイミングで解約しても違約金(9,500円)は掛かりません。

2.プランEシンプル+誰でも割で契約した場合の月額料金

続いて2つ目の”2年縛りだけど月額743円で使える「プランEシンプル+誰でも割」”で契約した場合の月額料金は以下です↓

プランEシンプル+誰でも割
(基本使用料)
月額743円
【オプション】
EZ WIN
ネット接続サービス
月額300円
【オプション】
安心ナビ
GPS確認機能
月額300円
スマートパス加入時は無料

こちらの場合には月額1,343円で使用できますが、2年縛りという制限が付きます。
2年以内に解約や乗り換えする場合には、違約金として9,500円が掛かるという縛りが付きます。

また一般向けスマホと同じく、2年の更新月で解約しない場合には自動で2年契約が更新されるため、更に2年後まで違約金無しで解約できなくなりますので注意を。

各種オプション機能の詳細
上記の料金内訳のオプション内容です。

マモリーノ3の基本料金+誰でも割

ここで半額の月額743円で使える「誰でも割」に加入することもできます。
「誰でも割」に加入することで半額になる代わりに2年契約(通称2年縛り)になり、2年に2ヵ月の更新月以外で解約すると9,500円の違約金がかかるようになります。

マモリーノ3のオプション【EZ WIN】

上記の基本料金だけでもマモリーノを契約することはできるのですがEメールやGPS機能はネット回線の使用が前提なので、それらを使う為に月額300円の「EZ WIN」オプションを付ける必要があります。

GPSなどはキッズ携帯の必須機能でもあるので「EZ WIN」オプションは半強制と言えます。

マモリーノ3のオプション【安心ナビ】

安心ナビは以下の機能が使えます。

◆「今すぐサーチ」
子どもの居場所を保護者側のスマホで確認できる通常のGPS確認機能

◆「エリアお知らせ」
あらかじめ指定したエリアに子どもが出入りした場合に保護者側へ自動連絡する機能。
習い事などに出かけて無事到着したかなどの確認に便利です。

◆「タイマーで場所をお知らせ」
設定した時間になると子どもの居場所を自動で確認&お知らせする機能

と中々便利な機能です。

使用するためには子どものマモリーノ3に料金は掛からないものの、保護者側のスマホで「安心ナビ」アプリを使うのに月額300円掛かります。(スマートパス加入時には無料で使えます)

au安心ナビ説明

また上記で居場所を自動送信してくれるのは無料なのですが、保護者側から手動で子どもの居場所を検索する場合には1回に付き3円かかるので留意です。

マモリーノ3の月額料金まとめ

上記をまとめると

  • 端末代は新規契約&36回分割払いで実質無料
  • 基本料金は2年縛り有の場合:「安心ナビ」と「EZ WIN」オプションを付けると月額1,343円
  • 基本料金は2年縛り無の場合:「安心ナビ」と「EZ WIN」オプションを付けると月額2,043円
  • 2年縛り契約で期間内に解約すると9,500円の違約金が発生
  • 初期登録料に3,000円掛かる点にも注意

またau携帯宛ての国内通話であれば無料ですが、他社の携帯宛手の通話や自宅などの固定電話宛ての通話は20円/30秒と割高通話料になるので注意が必要です。

通話料金
GPS確認機能
au同士の国内通話無料
他社携帯宛ては20円/30秒
固定電話宛ては20円/30秒
初回の事務手数料 3,000円

これなら子供向けスマホのと値段が変わらない

正直auのキッズ携帯で月額1,000円以上もかかるなら、子ども向けの格安スマホと料金は変わらないです。

TONEモバイルの子供向けスマホ
TONE公式サイト

上記は最近登場したTONE(トーン)モバイルというTSUTAYAの子供向けの格安スマホですが、月額1,000円で利用可能です。

機能も以下の動画にあるように防犯機能を完備しているスマホなので、同じ料金でキッズ携帯を買うくらいならコチラを持たせる方が良いですよね。

2017年には小学生のスマホ所有率が60%を超え、スマホを持っているのが普通になりつつあるので小学校入学からスマホを持たせている家庭が増えてきています。

大は小を兼ねるとも言いますが、値段が同じなら今後を考えると子供向けの格安スマホに軍配が上がるのは言うまでもないですね。

7月末まで1年間無料キャンペーン中!
【まずはTONEの公式ページをチェック】
子供向けスマホtoneのバナー

今後ジュニアスマホへの機種変更することを考えれば、小学生低学年からフィルタリングを強にして格安スマホを持たせた方が家計で大きく節約可能です。

キッズ 携帯 ■子供 スマホ
キッズスマホ・ジュニアスマホ

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_