ドコモのキッズ携帯から機種変更でスマホデビューならどれ?料金&注意点

キッズ携帯からスマホデビューはどれ?

「中学校入学」や「2年契約の更新月」「子供がスマホやLINEをほしがる」など、子供がキッズケータイからスマホデビューする機会はいつか来ます。

特にドコモのキッズケータイは専用プラン「キッズケータイプラス」が12歳までしか加入できないので、中学生になったらスマホへ機種変更する必要があります。

ご利用者が13歳以上の方に変更された場合、キッズケータイプラスのご契約を継続することはできません。

また小中学生の場合、一般向けスマホを持たせると高確率でスマホ依存症になるので「ペアレンタルコントロール」は必須ですが、2018年時点でドコモのキッズスマホは生産&新規申込を終了しています。

今回は2018年にドコモのキッズケータイから機種変更にお勧めのスマホを比較しました。

小中学生の保護者向け情報

「全国子ども会連合会」推奨の子供向け格安スマホが保護者に人気沸騰中!現在「5周年特別キャンペーン」中!半年間基本料金無料の今がかなり狙い目♪
フィルタリング完備で安心の子供向け格安スマホが凄い!

格安キッズスマホは以下のページでも詳しく解説しています↓

子供にジュニアスマホ/キッズスマホならどこ? ドコモ,au,ソフトバンク比較

2018.04.06

キッズスマホ?iPhone?ドコモでキッズケータイから機種変更先はどのスマホ?

2018年時点でキッズケータイからの機種変更先として定番だったキッズスマホ『ジュニアスマートフォン SH-03F』は生産終了し、新規申し込みを終了しています。

スマートフォン for ジュニア2 SH-03F

なのでドコモでキッズケータイから機種変更先のスマホは一般向けスマホにフィルタリングサービス『あんしんフィルターfor ドコモ』を導入したものしかありません。

2年縛りは機種変更には影響なし!
たまに「機種変更でも違約金がかかるんじゃないか」という勘違いがあるみたいなので一応補足を。

ドコモの契約は2年契約(2年縛り)の人がほとんどだと思いますが、更新月以外で違約金が掛かるのは解約や乗り換え・そして一部のプラン変更(2年契約⇒期間無し契約)の場合のみです。

【2年契約時に違約金が掛かるケースと掛からないケース】

ドコモから他社への乗り換え 更新月以外は違約金発生
ドコモの解約 更新月以外は違約金発生
プラン変更
2年契約プランから期間無しプランへの変更時
更新月以外は違約金発生
機種変更 プランとは無関係なので特に掛からない

上記のように2年契約は”プラン”の制約なので、スマホ自体を買おうが機種変更しようが無関係なので当然違約金は発生しません。ご安心を。

キッズケータイからの機種変更で人気の機種は断トツiPhone!

さてさて最も気になっているであろうキッズケータイから機種変更にお勧め・人気の機種ですが、2018年時点では以下のスマホへの機種変更が人気との事↓

キッズケータイからの機種変更は圧倒的iPhone人気!

ドコモで行った調査によると、「子供に買ってあげたスマホの機種」のNo1は断トツでiPhoneでした。

【子供に買ってあげたiPhoneの機種】

【No1】iPhone 61.0%
【No2】Xperia(Android) 11.5%
【No3】Galaxy(Android) 3.5%

また、子供にスマホを買ってあげた保護者の理由としては『自分(親)と同じ機種だから』が一番多く、保護者のiPhone利用率も同じように高い事が分かります。

ドコモでiPhoneへ機種変更する際に気になるのはやはり”料金”

iPhoneと言えばAppleのブランドスマホです。

最近では格安スマホで型落ちiPhoneが実質0円で販売されていたりと高いイメージは以前より薄れており、ドコモでも端末割引やらで数字上安く見せて販売していますが、ドコモauソフトバンクでiPhoneへ機種変更すると最終請求は高くなる事は覚悟しましょう。

以下はドコモでキッズケータイからiPhone8(32GB)を分割購入で機種変更した時のスマホ代の内訳です↓

【ドコモでキッズケータイからiPhone8へ機種変更した時の料金】

iPhone8(64GB)本体価格 3,699円/月×24ヶ月
月々サポート(端末割引) -2,403円/月×24ヶ月
カケホーダイライトプラン(2年) 1,836円/月
データMパック(5GB標準) 5,400円/月
インターネット接続サービス 324円/月
ドコモの学割U25 -1,620円/月
合計金額 月額7,236円(1年目)
月額8,856円(2年目)
月額7,560円(3年目以降)
ねこ
節約ねこ

iPhone8だと学割適用でも月額8,000円くらいは掛かりますね。うーん大人向けと変わらない料金…

もっと安くする為に1つ昔のモデルで「端末購入サポート対象」のiPhone7(128GB)時の料金内訳は以下です↓

【ドコモでキッズケータイからiPhone7へ機種変更した時の料金】

iPhone7(128GB)本体価格 243円/月×24ヶ月
月々サポート(端末割引)
カケホーダイライトプラン(2年) 1,836円/月
データMパック(5GB標準) 5,400円/月
インターネット接続サービス 324円/月
ドコモの学割U25 -1,620円/月
合計金額 月額6,183円(1年目)
月額7,803円(2年目)
月額7,560円(3年目以降)

1~2年目は月額1,000円ほどiPhone8へ機種変更した時よりも安くなりましたが、お世辞にも子供向けの安い料金とは言えません。

つまりドコモでiPhoneへ機種変更すると結局高いという事です。

以下のページで型落ちiPhoneを実質0円など格安価格でセット販売している格安SIMを特集しているので、「子供にiPhoneを持たせたいけど安くしたい」という保護者の方は参考にしてみて下さい。

iPhoneが最安なスマホデビュー向け格安スマホ『安い順2018年』

2018.03.14
一般向けスマホ+あんしんフィルターの機能制限は小中学生に充分?
2018年2月より『青少年インターネット環境整備法』が改正されたのをご存知でしょうか。

2018年より18歳以下へのフィルタリング導入が更に厳しく!

『青少年インターネット環境整備法』は”18歳以下の子供のスマホへフィルタリング導入を義務化する“というものですが、近年出会い系被害などの増加によって改正されました。

改正後は「18歳以下の子供にスマホを持たせる際のフィルタリング機能の説明などもドコモ側で行う」事も義務化されました。

iPhoneへの『あんしんフィルターforドコモ』は弱い

同時にドコモのフィルタリングサービス『あんしんフィルターfor ドコモ』も以前より強化され、以下の機能制限が利用できるようになりました↓

ドコモのあんしんフィルターforドコモのAndroid向け制限機能

しかし上記はAndroidスマホのみで可能であり、iPhoneでの制限機能は充分とは言えません。

お子さまがiPhone・iPadをご利用のお客さまへ
「あんしんフィルター for docomo」で一部利用できない機能があります。
iPhone・iPadの「機能制限」設定にて、サイトやアプリのフィルタリング設定ができますので、「あんしんフィルター for docomo」とあわせてご利用ください。

引用:あんしんフィルター for docomo

小中学生スマホデビューなら高性能フィルタリング可能な格安キッズスマホへ

ドコモ内でスマホへ機種変更すると、一般向けスマホしか選択肢が無いのでどうしても月額6,000円を切るのも難しいです。

そこで個人的に一番お勧めできるのが、2017年から話題になっている子供向けの格安スマホです。

ねこ
節約ねこ

子供向けの格安スマホというものがあるんですね。

特にTSUTAYAのTONEモバイルはSIMは子供に特化した唯一の格安SIMとして一度は聞いたことがあるかもしれません↓
TONEモバイルの子供向けスマホ
TONE公式サイト

 

2018年にはミライエフォルテ以外には唯一のキッズスマホであり、格安スマホなので料金が大幅に安く(月額1,000円)、フィルタリングや機能制限もドコモのキッズスマホよりも優秀なので小中学生のスマホデビューとしての定番になりつつあります。

ツタヤ

広告露出よりも口コミで広がっているので知名度は楽天モバイルなどと比べると低いですが、TONEモバイルは子ども向けの格安スマホに関しては絶対的トップです。

「TONEファミリー」という子ども向け豊富な機能を搭載しキャリアのジュニアスマホと同じ「全国子ども会連合会」に推薦されている唯一の格安スマホです。

TONEは全国子ども会連合会推奨の格安SIM

機能面では

  • 勝手にアプリを追加したり課金を防止
  • 「1日何時間まで」とアプリ毎にも時間制限できる
  • 学年が上がるにつれ制限を徐々に解除も自由なので
  • GPS機能もあるので小学校低学年の防犯対策にも◎
  • 画面が大きいので見やすく視力低下の心配も少ない

とキッズ携帯の防犯機能から大人のスマホまで使い分けられるので端末を買い替える必要がありません。以下の動画にあるようにフィルタリング機能などのあらゆる機能が搭載されています↓

料金面も格安スマホなので月額1,000円+端末代で使えます↓

子ども向け格安スマホ「TONEモバイル」の月額料金はどこまで安い?
格安SIM・格安スマホなのでキャリアより高い訳が無いですが、実際は子ども向け格安スマホだと月額何円で使えるのでしょうか。

【契約条件】:新規契約 / 端末代24回分割 / 2年契約

子供向け格安スマホ利用時の月額料金の内訳

  • 基本プラン:月額1,000円(中速データ通信容量無制限)
  • 端末料金:1,242円(格安スマホ「m17」端末代29,800円÷24ヵ月)
  • 子ども向けフィルタリング&見守りオプション「TONEファミリー」:月額 0円

という事で子供向けの格安スマホの場合は端末込みで月額2,421円で使用可能です。

キャリア 機種 月額料金
ドコモ SH-03F(新規受付終了) 4,940円
au miraie f 4,713円
SoftBank シンプルスマホ3(一般スマホ) 7,101円
TONE
子供格安スマホ
m17 2,421円

両方の使用経験がある上で判断すると、TONEは品質は大手キャリア以上、料金は半額以下になります。

我が家でも子供に持たせていますが、このスマホは高校以降でも使いまわせるから家計がかなり助かってます。興味があれば以下のTONEモバイル公式サイトで詳細をご確認下さい↓

ちなみにドコモから格安スマホへのMNP(電話番号を引き継いでの乗り換え)に関しては以下のページで詳しく解説しているのでご参照ください。

キッズ携帯からスマホへMNP乗り換えマニュアル【ドコモauSoftBank】

2017.08.26

【結論】小中学生には子供向け格安スマホ”トーンモバイル”を!

子供に特化した格安スマホの「トーンモバイル」はここ2年ぐらいで定番のキッズスマホとして人気になりましたね。

うちの怪獣にも持たせていますが、子供管理機能は全スマホ中でNo1なのでルール決めで助かっています。

 

TONEバナー2

我が家でも色々と迷って行き着いたキッズスマホで、特に小中学生の最初のスマホとしてオススメです♪


Sponsored Link

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ(受付終了)
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ,キッズフォン
【中~高学年】
キッズスマホ
【ドコモ】:SH-03F(受付終了)
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです