子どもがスマホのフィルタリングを回避・解除させないための方法・対策

最近では小学生でもスマホを所有する時代

高校生になるとほぼ全員がiPhoneなど自分のスマホを所有する反面、
保護者側でのスマホのフィルタリングが重要視されています。

特に小学生・中学生はネットリテラシーが乏しく、
アダルトや出会い系などの有害な情報も簡単に手が届いてしまう為
スマホの所有率とともにフィルタリングの重要性も増してきているのは自然の流れ。

保護者としてはスマホを持たせると同時に
有害サイトへのアクセスを制限するためフィルタリングなどの
ペアレンタルコントロールをしてあげるのは義務と言えるでしょう。

フィルタリングを子どもが回避してしまう

大手キャリアでスマホを契約している場合はショップなどでフィルタリングの設定をしてくれますが、
最近の子どもの情報力を侮ってはいけません。

友達に教えてもらったり自分で調べたりと、
あらゆる情報網を駆使して自分のしたい事を妨害するフィルタリングという壁を突破します。

実際に「フィルタリング 解除」などで検索すれば、
フィルタリングを突破する情報は簡単に探すことができます。

2種類のフィルタリング形式で回避・解除方法と対策は変わる

フィルタリングの形式には2種類あり、それぞれで回避方法と対策方法が異なります。
それぞれの代表例と回避方法、対策方法を見ていきます↓

1.回線専用フィルタリングとは

ソフトバンクであれば「ウェブ安心サービス」
ドコモであれば「spモードフィルタ」
auであれば「安心アクセスサービス」
は、キャリアの回線(3GやLTEなど)で接続したときにのみ機能するフィルタリングです。

wi-fiを利用するフィルタリング回避方法

上記のキャリアの提供するフィルタリングサービスの場合、
回線がそのキャリアの回線(3GやLTEなど)の時にフィルタリングの制限が機能します。

逆にキャリアの回線以外のWi-Fiなどにつないでしまえばフィルタリング制限がかかっていない状態になります。
駅やカフェ、コンビニなどの公衆Wi-Fiなどでも制限なしでアクセスすることができます。

しかし最もWi-Fiの盲点で子どもの利用頻度が高いのが、
自宅のWi-Fiに接続してフィルタリングの制限を回避してしまうケースです。

自宅にWi-Fiがある家庭は、フィルタリングの回避に自宅Wi-Fiが使われているなんて盲点ですよね。

2.ブラウザ型フィルタリングとは

ソフトバンクであれば「Yahoo!あんしんねっとforソフトバンク」と「スマホ安心サービス」
ドコモであれば「ファミリーブラウザ」か「あんしんモード」
auであれば「安心アクセス for iOS」か「安心アクセス for Android」
などは専用のブラウザを通してのアクセスであれば、

Wi-Fiのフィルタリングも含めて全てフィルタリングしてくれます。
専用ブラウザを使っている限りしっかりと制限がかかるのでオススメの方法です。

フィルタリングのブラウザ以外で閲覧する回避方法

上記の「2.ブラウザ型フィルタリング」抜け穴フとしてはは、
Googleアプリやオペラなど別のブラウザアプリをインストールして使った場合
そのブラウザアプリにフィルタリングは掛かっていません。

以上を踏まえて最も安心なのが
フィルタリング専用のブラウザ導入と同時に
アプリのインストールも制限をかける方法です。

参考「子どものスマホにアプリインストール制限&フィルタリング設定する方法【Android編】
子どものスマホにアプリインストール制限&課金防止の設定をする方法【iPhone編】

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り