小学生に持たせるのはドコッチ,マモリーノウォッチとキッズ携帯どっちか比較

小学校低学年や小学校入学時に
子どもの防犯目的で持たせる定番のキッズ携帯ですが、
最近ではスマートウォッチと呼ばれる腕時計型の端末も登場しています。
ドコモ「ドコッチ」やauの「マモリーノウォッチ」などです。

auのマモリーノウォッチは2016年4月に発売

現在子どもにジュニアケータイを持たせるか
腕時計型のドコッチやマモリーノウォッチを持たせるを
検討してる際に参考になればと思います。

定番のキッズ携帯に対してキャリア各社が展開しているのがウェアラブル端末と呼ばれる
腕時計型の”身に付ける端末”です。

アップルのApple Watchに代表される
スマートウォッチと呼ばれる携帯端末です。

ドコモはドコモのウォッチから『ドコッチ』
auは人気キッズ携帯”マモリーノ”から取って『マモリーノウォッチ』
という名前のウェアラブル(身に着けられる)端末を展開しています。

ドコモの腕時計型端末「ドコッチ01」の機能

ドコモのドコッチ01は2015年4月発売

ドコモのドコッチ01は2015年4月に発売されました。
以下の機能を搭載しています↓

  • スマホで今がわかる「状態モニター」
  • 居場所をすぐに確認「GPS搭載」
  • 迷子や突然の雨、緊急を知らせる「SOSボタン」
  • 離れたらすぐに教えてくれる迷子防止機能「みまもりアラート」

ドコッチ 01 | docomo

auの腕時計型端末「マモリーノウォッチ」の機能

auのマモリーノウォッチは2016年4月に発売

auのマモリーノウォッチは2016年3月に発売されました。
搭載機能は以下です↓

  • 本体にベルトをつけて腕時計で使用 or そのままかばんに付けるなど選択可能
  • 居場所確認や迷子防止機能(はなれたらアラーム)、防犯ブザー
  • 声とタッチで通話とメール(SMS)も可能

mamorino Watch | au

ドコッチやマモリーノウォッチのメリット・デメリット

上記のようにドコモau共に機能は大体同じです。

【身に付けているので携帯し忘れない】

これが腕時計型最大のメリットであり、
ドコッチやマモリーノウォッチが登場した理由でもあるのでしょう。

従来のキッズ携帯は
ランドセルやカバンの中に入れていて
緊急時に携帯していないというのが欠点でした。

下校後はキッズ携帯を忘れて遊びに行ってしまうケースも多くあり
それでは意味を成しません。

この辺は保護者側でサポートする部分でもあるのですが
腕時計型であるが故にこのデメリットを見事に解消しています。

【身に付けているので壊れにくい】

キッズ携帯は首にぶら下げて持ち運ぶので
ぶつけたりして傷だらけになったり故障したりします。

対して腕時計タイプのドコッチやマモリーノウォッチは
身に付けているのでぶつけることは少なくなります。

補償に加入していない場合は修理費もかかるのでキッズ携帯よりも長持ちしやすいです。

【腕時計型は通話はできる?】

防犯目的の携帯端末としては最重要とも言えるのが”通話機能”です。

2016年に発売されたauのマモリーノウォッチには通話機能があるものの
2015年に発売されたドコモのドコッチ01には通話機能がありません。

マモリーノウォッチの場合は問題ないですが、
ドコッチは通話機能ないのは正直厳しいと思います。
だったら通話もできるキッズケータイの方が良いと思います。

【料金はキッズ携帯とあまり変わらない】

ドコモのドコッチの場合は
機種代が新規契約で9,800円、
月額料金が家族がドコモなら月額980円、子どもだけドコモの場合は月額1980円

auのマモリーノウォッチの場合は
機種代金が実質0円(端末代38772円だけど3年契約なら端末割引で0円)
月額料金が998円
通話料がau同士で無料、それ以外との通話は20円/30秒

となりキッズ携帯と同じくらいの料金設定となっています。

ドコモの場合は通話ができるキッズケータイの方が良さそうですが
auの場合は通話機能もあるマモリーノウォッチという選択肢も良さそうです。

【現在のキャンペーン情報】
『NifMo』5月末まで史上最大級の割引キャンペーン


格安SIMで1~2万円のキャッシュバックキャンペーンは異例!
NifMo史上最大級のキャッシュバックキャンペーンが5月末まで!お見逃しないように!


【NifMoのキャッシュバック条件を確認する】
端末+音声+データ(1.1GB)

キャンペーン終了まで残り