【保護者必見!】中学生にスマホを持たせる理由とメリット・デメリット

小学校卒業&中学入学でスマホは必要か

2016年の統計では、高校生になったら9割がスマホを所持しており、高校入学と同時にスマホデビューする子どもも多いと思いますが、今回は中学生のスマホ事情のお話です。

中学生にスマホを持たせるべき? 二極化する意見と今後

中学生になったらスマホを持たせる家庭」と「高校入学まで持たせない家庭」に二極化しています。

スマホを持たせると様々なメリットとデメリットがあり、その辺は各家庭の方針もあるので単純にどちらが間違っている・正しいという話ではありません。

今回は「中学生にスマホを持たせる理由」で多い意見について自分の意見を述べていきたいと思います。

迷っている方の参考になればと幸いです。(あくまで自分の意見なので賛否あると思いますがご了承下さい)

中学生にスマホを持たせる理由ランキング

No3~No1とカウントダウンで見ていきましょう。

No3:防犯対策として持たせるという理由:

これは別にスマホでなくても問題なくキッズケータイで十分でしょう。
単純に防犯だけが目的ならばスマホを子どもに持たせる必要はないと思います。

No2:勉強系のアプリが揃っているという理由:

スマホで使える勉強アプリの中で勉強が捗る・身に付く類のものは殆ど無いと思います。
むしろネット検索でその場で調べる癖が付くという点の方が良いと思いますが、
従来のように参考書など他の方法でも調べられます。
中学生にスマホを持たせる決定的な理由にはならないと思います。

No1:LINEが必要という理由:

「LINEが使える」がダントツで中学生にスマホを持たせる理由No1となります。
他の記事でも書きましたが、最近では学校の連絡網などがLINEで回ってくる時代です。

保護者の方の中には
「LINEなんて家のPCでできるじゃないか」
「LINEがないと仲良くなれないならそもそもそこに問題があるのでは?」

と確かに正論の意見も見受けられますが、
子どもの輪は正論で成り立ってはいないのも事実です。

スマホの普及率=LINEの普及率も年々上がって来ており、
LINEは友達同士の連絡手段として必須レベルです。

携帯端末でリアルタイムで連絡を取り合うようなケースでは
スマホとLINEが無いと対応できないでしょうし、
子どもにとっても大きなハンデになっているのは想像に難くないです。

中学の子どもにLINE環境は持たせてあげたい

最近では格安SIMや格安スマホの登場で毎月3000円も有れば
子どものスマホ端末と毎月のスマホ代をカバーできます。

ドコモなどの大手キャリアで月6000円以上も掛けないで
子どもにスマホを持たせられるようになった事で
経済的な負担も減っています。

他のページでも散々書いていますが、
子どもに持たせるなら保護者は「ペアレンタルコントロール」を徹底しましょう。

結局子どもにスマホを持つルールや注意喚起を蔑ろにしている事
子どものスマホトラブルの最大の原因になっているのも事実です。

しっかりと我が家のスマホのルールを決めて、
子どものスマホの機能制限をかけ依存症やトラブルの芽を摘んでおく事が必要だという事です。
(我が家の教訓でもあります)

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ
【中~高学年向け】
キッズスマホ
ジュニアスマホ
【ドコモ】:SH-03F
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_