高校生からでは遅い!?子どもにスマホを持たせるのはいつからが一般的か

最近では持っていない方が少数派というスマートフォンですが、子どもの間でも防犯目的のガラケーから、オシャレなスマホを持たせる家庭が増えています。

高校生のスマホ普及率は?

以下の高校生の携帯端末所持率を見てみると、高校生はガラケー所持者は少なく、大多数が高校入学までにスマホを持つようです。
グラフ_高校生のスマホ所有率

また上記でスマホを持っている高校生が”スマホを持ち始めた時期“は

高校3年生から:1.4%
高校2年生から:2.3%
高校1年生から:48.2%
中学3年生から:19.3%
中学2年生から:11.1%
中学1年生から:11.8%
小学6年生から:2.1
それ以前から:3.8%

という結果になり、
やはり高校入学時にはほとんどの子どもがスマホを持ち出す・スマホに変えるようです。

注目は残り4割以上も中学校でスマホを持ち始めたという事です。
中学生でもスマホは当たり前の時代!

中学生のスマホ普及率は?

次に中学生のスマホのシェアを調べると↓
グラフ_中学生のスマホ所有率

とガラケーやその他の携帯端末にダブルスコアを付けて
4割以上の子どもが中学校からスマホデビューしているようです。

一部の意識調査では
小学校高学年の女子の半分が、「スマホをほしいと思っている」と回答しています。

中学生にとってもスマホは当たり前の時代です。
「ガラケーは少数派、スマホはオシャレ」
という事を一番実感しているのが子どもなのかもしれません。

学校という生活環境の中で子どもはスマホの使用時間の長いですからね。

「子どもにスマホは高くつく」という時代ではない

しかし親として気になるのはスマホ代でしょう。
子どものスマホといえど、スマホはスマホです。
自分のスマホ代と変わらない金額が毎月請求されるのは家計には多少なりとも響きますよね。
特に大手キャリアで契約すると7~8千円は掛かってしまいます。

「子どもにはスマホ持たせてあげたいけど、毎月7000円以上のスマホ代になるから我慢して!」

という保護者には、キャリアのスマホじゃなくて格安SIM+格安スマホで3000円前後で持たせてあげる方法がお勧めです。

詳しくは「【安さ】と【安全性】を両立! 子ども用キッズスマホ&ジュニアスマホ最強はこれ!【完全版】」で説明していますのでご参照下さいませ♪

最近では中学生を中心に格安SIM+格安スマホを選択する家庭も多くなってきていますし。

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ
【中~高学年向け】
キッズスマホ
ジュニアスマホ
【ドコモ】:SH-03F
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

オススメ 格安SIM人気ランキング♪

ドコモユーザーに人気の格安SIMをランキングに!
種類が多くて選ぶのに困っている方は参考にどうぞ↓

ドコモ系格安SIMランキング_