2018年ソフトバンク『学割先生』は月額3,980円では使えない注意!

ソフトバンクの学割で月額料金は3980円になると公式に記載されている
かいり
かいり

進学シーズンですが、子供のスマホデビューも考える時期ですね。

ねこ
節約ねこ

ソフトバンクでも学割やってますね!月額3980円で50GBも使えるらしいんですがかなりお得っぽくないですか?

かいり
かいり

ソフトバンクの2018年の学割『学割先生』ですね。
毎度のことですが、月額3980円で使えることはありませんので注意ですよ。(iPhone8購入で月額9千円くらいになります)

かいり
かいり

そもそも1人で月50GBも必要ないですし。
5GBもあれば十分なのでハッキリ言うとかなり無駄の多いプランです。

Sponsored Link

ソフトバンクの2018年『学割先生』の割引内容

まずは2018年にソフトバンクで実施している『学割先生』という学割についてみていきましょう。

  • 実施期間:2018年1月17日~5月31日
  • 対象プラン:「50GB(ウルトラギガモンスター)」のみ
  • 割引特典1.割引期間は最大1年間だけ月額から1,020円割引
  • 学割特典2.対象者の家族が新規契約すると更に1年間1000円割引
  • 適用対象:25歳以下(学生でなくてもOK)で新規、MNP、機種変更全て対象

上記のように25歳以下なら機種変更でも新規契約でも乗り換えでも使える学割で、割引額は1年間月額料金が1,000円割引です。

そしてその家族が新規契約した場合には更に1,000円割引(こちらも1年間)が受けられます。

学割先生最大の欠点:月額7560円の超大容量プラン「ウルトラモンスター50GB」でしか割引無し

一見割引額はそこそこなのですが、この学割先生の致命的なデメリットは、月額7,560円する「ウルトラギガモンスター50GB」というプランを契約した人にしか適用されない点です。

学生は月5GBもあれば十分!残り45GBは消滅するので完全に無駄プラン

スマホユーザーのデータ使用量の月平均は2~3GB程度という統計がありますが、学生であればもう少し使うので5GBもあれば充分です。

そこにその10倍の50GBの超大容量のプランを契約しても、99%の人は月10GBも使わないので残り40GB分は使わずに捨てられてしまい完全に無駄です。

月50GBはもったいなさすぎる!牛丼屋で例えると…

感覚的には「10杯注文したら100円割引になる牛丼屋」で「牛丼を毎食10杯注文して、1杯食べきって残り9杯を残す」みたいな感じです。

ソフトバンク的には一番高額なプランで契約させたいのでしょうが、そもそも学割の割引対象のウルトラギガモンスター50GBというプランはどんなヘビーユーザーでも使い切るのは難しいプランなので、一般的な月5GB定量プランで学割を使わない方が遥かに安いです。

そもそもソフトバンクの学割先生は月額3980円で使えない

ソフトバンク公式の表記だと、学割先生は月額3,980円で使えるアピールをしているので、「別に50GBのウルトラギガモンスターで月40GB余っても月額3,980円ならいいかなー」という人もいるかもしれません。

しかしソフトバンクで月50GBの超大容量プランが本当に月3,980円でみんなが使える訳がありません。そんな事ができたらソフトバンクとしては大赤字になるでしょう。

ソフトバンクの学割先生が月額3,980円?公式の料金内訳

まずは学割先生の謳い文句「3,980円で使える」と言っている内容を詳しくみていきます。

ソフトバンクの月額3,980円の料金内訳は以下です↓

スマ放題ライト(ウェブ使用料込) 2,000円/月
ウルトラギガモンスター(50GB) 7,000円/月
学割先生 -1,000円/月(1年間割引)
家族追加特典 -1,000円/月(1年間割引)
みんな家族割(4名利用) -2,000円/月
おうち割 光セット -1,000円/月
合計月額 3,980円/月
5,980円/月(2年目以降)

という事でこの内訳の問題点を解説していきます↓

「みんな家族割」は他の家族がソフトバンクでウルトラギガモンスター50GBを使っていないと割引無し

上記では「みんな家族割(4名利用)」で月額料金が2,000円も安くなっています。

「みんな家族割」は他の家族がソフトバンクの家族割グループで「売るとあギガモンスター50GB」を利用している人数に応じて以下のように割り引かれます。

家族割グループにウルトラギガモンスター利用者が

  • 1人:割引なし
  • 2人:各回線-1,500円/月割引
  • 3人:各回線-1,800円/月割引
  • 4人:各回線-2,000円/月割引

そもそもモンスター級の50GBという使いきれないデータ容量を全員が別々で契約している状態だと割り引かれるという訳の分からない家族割です。

先ほどの牛丼屋の例でいえば、全員がそれぞれ牛丼特盛を10杯ずつ注文し、全員1杯だけ食べて残す状態です。だったら全員で50GBをシェアして使ったらいいじゃないかと。

かいり
かいり

根本的にこの割引を狙うくらいなら、シェアプランや軽量プランで使った方が安いという謎の割引ですね。

ねこ
節約ねこ

そもそも家族4人で全員が月50GBずつコンスタントに使っている家族ってあるんでしょうか…

家族追加特典も同じ理由でほとんど使わない

月額3,980円で使うためには学割先生のもう1つの割引特典である「家族割引特典」も適用していますね。1年間1,000円の割引を受けることが可能です。

しかし適用条件が前記の「みんな家族割」と同じような割引になっており、以下のように誘った人が「ウルトラギガモンスター50GB」を契約して同一の家族割引グループに加入するという条件になっています↓

■適用条件

  • 「学割先生(家族)」に申し込むこと
  • 学生または先生と同一の家族割引グループに加入し、学生または先生を指定すること
  • 端末の購入を伴う新規契約(MNP、USIM単体契約含む)であること
  • ウルトラギガモンスター(データ定額 50GB)に加入すること
  • 指定基本料(通話定額基本料/通話定額基本料(ケータイ)/通話定額ライト基本料/通話定額ライト基本料(ケータイ))の2年契約又は2年契約(フリープラン)へ加入すること

引用:家族追加特典の適用条件 | SoftBank

学生と同じ家族割引に25歳以下の家族が「ウルトラギガモンスター50GB」に加入する必要があるので、そもそもこの割引を適用する条件はかなり厳しいと思います。

どうやらソフトバンクは超大容量プランのウルトラギガモンスター50GB利用者を増やしたいみたいですが、このプラン自体がほとんどの人にとって無駄になっていまうんですね。

「おうち割 光セット」は自宅にソフトバンク光を導入していないと割引されない

ソフトバンクの光を自宅に導入している場合には「おうち割 光セット」で安くなります。

しかし「そもそも家に無制限で使える光回線があるのに月50GBのウルトラギガモンスターが必要なのか?」という疑問が。

スマホの端末代が含まれていない!

月額3,980円で使えない最大の理由は内訳にスマホ代が含まれていないからです。

新規契約でも機種変更でもスマホ代は掛かりますので、例え上記の割引をすべて適用したとしても月額3,980円+スマホ代となりますからね。

また2年目以降は割引が切れて最安でも5,980円+スマホ代となり全く安くないです。

実際にiPhone8を購入して学割先生でスマホデビュー時の月額料金をシミュレート

上記のように家族それぞれがでウルトラギガモンスター50GBを利用した場合に割り引かれるものが多く、正直99%の人にとって無駄に超大容量の高額プランを契約している事になります。

こういう情報を知らない人が気が付かないうちに巻き上げるような売り方はあまり感心できませんね。

という事で学割先生で月額3,980円で使えないなら、実際には月額何円かかるのかをソフトバンクの料金シミュレートページで算出してみました↓

【条件】

  • iPhone8(64GB)を24回分割購入
  • 学割先生でスマ放題ライト+ウルトラギガモンスター50GBを利用
  • 自宅にソフトバンク光無し
  • 家族にソフトバンクの「ウルトラギガモンスター50GB」利用者無し
  • 家族紹介も無し

条件は学生がスマホデビューする際の一般的だと思われる上記の条件でシミュレートした結果が以下です↓
(こちらはしっかり税込みで計算)

【月額料金内訳】

スマ放題ライト(ウェブ使用料込) 2,160円/月
ウルトラギガモンスター50GB 7,560円/月
iPhone8(64GB)端末代24回分割 3,930円/月
月月割(端末割引) -3,210円/月
学割先生 -1,100円/月(1年間割引)
合計月額 9,340円/月
10,440円/月(2年目以降)

ソフトバンクのiPhone8購入時の学割先生利用時の月額料金は1年目9千円台になる
参考:「iPhoneの料金プラン | SoftBank

1年目は税込みで月額9,340円、2年目以降は月額10,440円と非常に高額です。

ねこ
節約ねこ

月額3,980円とは一体…

ソフトバンクはスマホ代が高額になる理由

ソフトバンクなどの大手キャリアでは、各地に基地局やショップなどを持っているので維持費がかなりかかります。

最近では基地局もショップも持たず、人件費もあまりかけない分月額2,000円前後で使える「格安スマホ」が登場していますが、ソフトバンクが対抗して同じレベルまで値下げできない最大の理由がこれですね。

なので様々な条件がかみ合った時の最安価格を表記して安さアピールをしていても、実際には月額5千円以上は取らないと維持するのが厳しいと思います。

結局ソフトバンクなどのキャリアよりも格安スマホが安い!

ちなみに我が家は子供向け格安スマホで端末代込みで月額2~3千円で使っていますので、子どものスマホデビューに興味があれば以下のページで詳しく解説しているので参考にどうぞ♪

参考:「【保護者必見】安さと安全面を両立できる子供向けスマホ選び | 2018年版

子どもが高校生であれば、激安iPhoneが使える格安スマホも相当安いです↓

参考:「【保護者必見】高校生でスマホは必須 | 最安でiPhoneを子どもに持たせる方法

子供に特化した格安スマホ”TONE”が凄い!

【学年別スマホナビ】

小学生向けスマホ
【低学年向け】
キッズ携帯
【ドコモ】:キッズケータイ,ドコッチ
【au】:マモリーノ,マモリーノウォッチ
【ソフトバンク】:みまもりケータイ,キッズフォン
【中~高学年】
キッズスマホ
【ドコモ】:SH-03F
【au】:ミライエf
【ソフトバンク】:シンプルスマホ
中学生向けスマホ
高校生向けスマホ
高校生向けiPhone
子供向けスマホ(全般)
子供向け格安スマホ(小~高校生):TONEモバイル

ここまで読んで頂き有難うございますm(__)m
一所懸命書いているのでポチってくれると嬉しいです


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ